「物忘れ外来」ってなんなの?検査内容や費用が知りたい!

「物忘れ外来」とは

多くの方は年齢が上がるにつれ、もの忘れをしがちになってしまいます。特に高齢者になるとそのもの忘れが加齢に伴う日常的なもの忘れなのか、病気によるもの忘れなのか、自身や家族、周りにいる人には判断が難しい場合もあります。もの忘れ外来は、認知症を専門に扱う脳神経外来や神経内科などの専門医による外来になります。認知症と診断されていない方でも、物忘れに悩まれているご自身、ご家族全ての方が対象となります。もの忘れ外来では、もの忘れが認知症などの病気によるものなのかを早期に発見し、原因に応じた治療をすることで改善と進行を遅らせる治療をします。

スポンサードリンク

 

どんな検査をするのか

もの忘れ外来を受診すると、まず問診が行われます。受診に至るきっかけとなった主な症状や行為・言動などを患者本人や家族から伺います。もの忘れが気になり始めた期間、困っていること、場所や時間の見当、会話など日常生活の様子などの状況を問診しますが、本人が答えられない場合も多くありますので、状況を把握されているご家族同伴での受診が必要となります。問診の他、認知機能検査で記憶力や理解力を詳しく検査します。全身の病気の有無を確認するため、頭部MRI、CT検査により脳疾患の確認、血液検査でもの忘れの原因と成り得る病気がないかなどの検査も行われます。

 

結果によって何がわかる?

もの忘れ外来を受診することにより、もの忘れの原因が加齢によるものなのか、病気によるものなのか判断することができ、早期での改善や信仰を遅らせる治療を行うことができます。認知機能検査によって認知症の有無を客観的に判断することができます。現在最も広く使用されている長谷川式簡易知能評価スケールなど複数の検査から総合的に判断がくだされます。問診や認知機能検査から認知症が疑われる時は、頭部MRIやCTの検査によって脳が萎縮していないかなどの脳の形や、脳の血流に変化がないかなどのから認知症を早期発見することができます。認知症はアルツハイマー型、レビー小体型、前頭側頭型など認知症タイプにより対応が変わるため、認知症タイプと症状を判断することができます。認知症は進行する脳疾患ですが、症状の軽い初期に治療を始めることで進行を遅らせることができます。

 

費用はどれぐらい?

高齢者の医療費の自己負担は年齢によって変わってきます。70歳未満の自己負担額は3割ですが、70歳から74歳の高齢者は自己負担2割、後期高齢者である75歳以上の自己負担は1割です。また、所得などにより自己負担額は変わることがあります。診察は問診や認知症のテストであれば費用は、個人負担が1割の方は約1000円程度、3割負担の方は3000円程度となります。画像診断は、MRI検査で1割の方は約3000円程度、3割負担の方は約9000円程度となり、CT検査は1割の方は約2000円程度、3割負担の方は約6000円程度となります。検査の種類によって費用は変わってきますが、もの忘れ外来を受診する場合、3割負担の方で約12000円程度に血液検査が加わると約20000円程度になります。受診の場合は、予約の際に概ねの料金を確認してみるとよいでしょう。

 

早めの対処が肝心

もの忘れの原因には加齢によることの他、病気が潜んでいる場合もあります。もの忘れが頻繁に起こり気になる場合は早めの受診が大切です。もの忘れ外来では一般的な神経外来と違い、認知症を専門としている医師による診察や検査を受けることができます。受診の際には、詳しい症状や行動、言動から判断するためにも、患者の様子が良くわかる家族が同伴することが望まれています。誰にでも起こり得る認知症は、脳疾患により起こり、症状は進行していきます。早期で原因と症状を把握することで、症状を改善し進行を遅らせる治療を始めることができます。もの忘れが気になる人、そのご家族が今までの生活を変わりなく過ごすためにも、もの忘れ外来を受診することで改善策を見つけることができます。

2016-10-17 | Posted in 記憶力を良くするためにComments Closed 

関連記事