認知症の原因と症状とは

認知症の概要

認知症とは、かつて日本では痴呆と呼ばれていた病で、何らかの障害が原因で脳の機能が低下してしまった状態をいいます。認知症と言う場合は後天的に発症した状態を示し、先天的な場合は知的障害といいます。

スポンサードリンク

 

症状

世間的によく知られている症状としては、知能の低下でしょうか。その他にも、記憶力の低下、見当識の認知に関する障害、人格変化なども起こる場合があります。見当識とは意識障害指標の一つで、「自分は今どこにいるのか」「今すべきことは何か」など、いわゆる状況判断能力のこと指します。

 

原因

認知症はその原因となる疾患から分類され、多くの原因が報告されています。中でも、アルツハイマー型認知病、脳血管性認知症、 (びまん性)レビー小体型認知病の3つは、三大認知症と呼ばれ、ほとんどの場合がこのどれかからの発症になります。

年齢による機能低下からも起こることが多く、85歳を超えると認知症にかかる確率が一気に高くなると言われています。また、遺伝子による影響も大きく、特に自信の親が認知症にかかっている場合、子供も認知症が発症する可能性は通常に比べて高くなります。その中でも、親が50代~60代といった中年で認知症が発症した場合、子供も発症する確率はさらに高くなり、通常の20倍とも言われています。

 

予防法や治療法

近年、運動による脳の活性化で認知症が予防できることが分かってきました。
ウォーキングによる脳への影響

治療法については、認知症になった原因によってその対処法も違ってくるため、ここでまとめることはできませんので、『記憶力に関する病』のカテゴリを見ていただくとします。

また、医療の情報に関しては、まだ解明されていないことも多く詐欺など多いため、インターネットなどで情報を得る際は注意が必要です。私も独学で勉強しながら細心の注意を払って情報発信していきますが、すぐに新しい医学が生まれている可能性もゼロではありません。

最近では認知症に関する情報サイトも多く、初心者の方に向けて分かりやすい情報発信がされています。ご自身でも日々学んでいくという姿勢を忘れないことが大切です。

こちらのサイトでは認知症予防に特化した情報がまとめられています。もし認知症またはその初期症状でお悩みの方はチェックしてみると良いでしょう。

>>「あれ、軽度認知障害!?」と思ったら、プラズマローゲンを試そう!

 

2012-11-18 | Posted in 記憶力に関する病Comments Closed 

関連記事