ツボ(百会)押しで記憶力アップ!

人間の身体には、東洋医学でいうツボと呼ばれる部位があります。このツボは、指で圧力をかけることにより、体調の調整や諸症状を和らげる効果がるのです。巷でもよく耳にするこのツボですが、実は記憶力の向上にも効果があるとされています。そこで今日は、百会という頭のツボをご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

 

百会とは

百会とは頭に存在するツボです。場所は頭のてっぺんにあり、ちょうど両耳を結んだラインと鼻と背骨を結んだラインの交点上に位置します。百という字からも想像できるように、この百会には様々な効果があります。

 

百会の効果と記憶力の関係

百会の効果ですが、記憶力に関係したもので挙げると頭痛、血行促進、疲れ目などに有効だとされています。これらの効果がなぜ記憶力の向上に良いのか。
まず、頭痛が解消され血行が促進するということは、脳への血流量が増し、頭がスッキリします。その結果、集中力が高まり記憶力の向上につながるのです。
疲れ目の解消については、目のエクササイズでも解説した通り、視覚を高めるのに役に立ちます。視覚は人間の使う五感の中で最も日常的に活用するであろう感覚のため、記憶力を考えるうえでかかせない存在です
五感と記憶力の関係

スポンサーリンク


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「私は記憶力が悪いから…」そんな風に思っていませんか?
記憶力は才能ではありません。ただの技術です。誰にでも記憶力を高めることは可能です。
詳しくは私の9ヶ月の物語をご覧ください。

>>私が9ヶ月の苦闘の末、TOEICで○○○点も上げた物語


2013-04-30 | Posted in 健康と記憶力Comments Closed 

関連記事